スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:--:-- : スポンサー広告 ]

【Unity】 FPSとメモリ使用量を表示するスクリプト

AllocationStatsをカスタマイズしてみた。



メモリプロファイラで見るのもいいが、手っ取り早く確認するならこっちの方が早い。

注目すべき値は

・Used Mem
・Max Used Mem


の2つでほぼ十分。

C#ではガベージコレクションの走るタイミングがこちらでは分からないが、
明示的にガベージコレクションさせる事が出来る。

System.GC.Collect();

バッファの解放が上手く行っているかどうかをすぐに確かめたいなら、
その直後にこれを読んでメモリ使用量がそのサイズ分減っているかを確認すると良い。



Gistへアップロードする時にTAB文字を空白に変換したので、表示時にインデントが崩れてました。
そもそもTABやら空白やらに影響されないように近いうちに修正します。

[ 2013年10月02日 21:29:19 : Unity ]

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。