【日記】 SyntaxHighlighter3.0導入テスト

SyntaxHighlighter3.0を試してみた。
ブログ内のソースコードを割といいようにハイライト表示してくれるやつ。

ググったら結構方法がバラバラで、色々やってもダメだったけど最終的にココので上手くいった。

このコードはちょっと前に作った、Unityの特定Transformから以下のTransformを全部取得するスクリプト。
主にキャラクターのボーン取得用。

using UnityEngine;
using System;
using System.Collections.Generic;

//----------------------------------------------------------------------
//
// アタッチしたオブジェクト以下のTransformを全取得するスクリプト
// 主にキャラクターの関節取得用
//
// ※
// RootにしたいTransformを指定して、それ以下のを取得も可能.
// スクリプトやインスペクタでRoot名が設定されていればそのような挙動になります.
// スクリプトで設定する場合は, このコンポーネントのAwakeが呼ばれる前に行う必要があります.
//
//----------------------------------------------------------------------

public class TransformList : MonoBehaviour
{
//------------------------------------------------------------------
// Awake
//------------------------------------------------------------------
void Awake()
{
m_Owner = this.gameObject;

Transform trans = m_Owner.transform;

if( m_RootName == "" )
{
m_Root = trans;
m_RootName = trans.name;
GetChild( trans );
}
else // ルートの指定がある場合
{
// Rootを見つける
while( trans.GetChildCount() > 0 )
{
trans = trans.GetChild( 0 );
if( trans.name == m_RootName ){
m_Root = trans;
break;
}
}
if( m_Root ){
GetChild( m_Root );
}else{
Debug.LogError( "[" + m_RootName + "] is not exist. please check transform name." );
}
}
}

//------------------------------------------------------------------
// 子Transformを探してを全部格納(自分含む)
//------------------------------------------------------------------
private void GetChild( Transform check_root )
{
int cnt = check_root.GetChildCount();

m_DictList.Add( check_root.name, check_root );
#if UNITY_EDITOR
m_List.Add(check_root);
#endif
for( int i=0; i < cnt; ++i ){
GetChild( check_root.GetChild(i) );
}
}

//------------------------------------------------------------------
// 指定した名前のTransformを取得
//------------------------------------------------------------------
public Transform GetJoint(string name)
{
if( m_DictList.ContainsKey(name) )
return m_DictList[ name ];
else
return null;
}

//------------------------------------------------------------------
// property
//------------------------------------------------------------------
// ルート名
public string RootName {
get {
return m_RootName;
}
set {
m_RootName = value;
}
}

//------------------------------------------------------------------
// member
//------------------------------------------------------------------
private GameObject m_Owner; // アタッチ対象オブジェクト
// Jointリスト
public Dictionary<string, Transform> m_DictList = new Dictionary<string, Transform>();
#if UNITY_EDITOR
public List<Transform> m_List = new List<Transform>();
#endif
[SerializeField]
private string m_RootName; // ルート名
[SerializeField]
private Transform m_Root; // ルート
}

[ 2013年06月19日 23:38:59 : 日記 ]

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2020年07月 | 08月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

リンク